【4月27日 AFP】中国北西部甘粛(Gansu)省や内モンゴル自治区(Inner Mongolia)で25日、巨大な黄砂の嵐が発生し、工場や住宅ビルをのみ込んだ。

 国営中国中央テレビ(CCTV)は、視界不良のため同省で複数の交通事故が発生したと報じた。気象予報士らは、砂嵐は27日にも同国北部各地で発生する恐れがあるとして、住民に屋内にとどまり、窓を開けないよう呼び掛けた。

 中国では毎春、ゴビ砂漠(Gobi Desert)からの黄砂の嵐が発生し、東岸部の都市まで砂に覆われる。

 先月には首都北京も黄砂に見舞われ、大気汚染が急激に悪化。同市で過去10年余りで発生した中では最悪の砂嵐で、上空は暗黄色に染まり、航空各社は多数の便の運航中止を余儀なくされた。

 北京では、破壊された森林地帯に植樹を進めることで、「緑の長城」と呼ばれる防砂林の回復に期待が寄せられている。政府も昨年、森林再生の取り組みにより、北部を襲う黄砂の回数が少なくなり、勢力も弱まるとの見通しを発表している。

 映像は内モンゴル自治区で25日に撮影されたもの。CCTVより27日提供。(c)AFP