【4月27日 AFP】中国東北部のロシア国境に近い黒竜江(Heilongjiang)省で、シベリアトラ(アムールトラ)が、農作業中の人に襲い掛かったり、走行中の車に飛び掛かって窓を粉々にしたりした。

 上海のニュースサイト「澎湃新聞(The Paper)」が警察発表として報じたところによると、同省の林胡(Linhu)村付近で、若い雄のトラが目撃された。

 車で親戚を迎えに行くところだった村人のワン・シュエ(Wang Xue)さんは国営・新京報(Beijing News)日曜版の取材に対し、トラは「畑仕事をしていた村人2人の方に向かった」と語った。「私が逃げろと叫ぶと、トラはこちらの方を目掛けてまっすぐ走ってきた」

「トラは2、3秒で私の車に駆け寄って来て飛び掛かり、前足で引っかいた」。車の外装には大きな引っかき傷が付き、後部座席の窓は粉々になったという。

「怖かった。いまだに心臓がバクバクする」とワンさん。車には他に2人が乗っていたが、けがはなかった。

 映像には、農作業中の村人にトラが襲い掛かり、走り去る様子も映っていた。報道によると、この村人は軽傷を負った。

 警察は最終的にトラを追い詰め、麻酔銃で眠らせた。黒竜江省林業局の26日の発表によると、トラは同省牡丹江(Mudanjiang)市にある横道河子ネコ科動物飼育繁殖センター(Hengdaohezi Feline Breeding Centre)で保護され、45日間隔離されることになった。

 映像は国営・中国中央テレビ(CCTV)より26日提供。(c)AFP