株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐(以下「スクウェア・エニックス」)と中央大学(所在地:東京都八王子市、学長:福原 紀彦(以下「本学」))は、教養豊かな国際的人材育成を目的として2018年に締結した、人的・知的資源の交流と活用を図る連携協定(以下「協定」)に基づき「特殊講義(ゲームプランニング)スクウェア・エニックス協力講座」(以下「本講義」)を開講します。
本講座は2021年9月より、国際情報学部の開講科目として実施いたします。




 中央大学 国際情報学部(キャンパス所在地:新宿区市谷田町)は、国際社会が抱える情報の諸課題を多角的に分析・解明した上で、その問題の解決策を論理的に構築し、国際社会に受容される情報サービス・政策を実現できる人材の養成を目的とし、「『情報の仕組み』と『情報の法学』の融合」を理念に掲げ、2019年4月に開設された学部です。
 本講座は、ITや映像制作・AI等のコンテンツ開発技術という「情報の仕組み」と、世界市場での事業展開に不可欠な法規制・文化慣習への対応という「情報の法学」の両側面より、デジタルエンタテインメント業界のリーディングカンパニーであるスクウェア・エニックスの知見を盛り込んだ実務的かつ多面的な内容です。

 プログラミングやグラフィックといったゲーム開発固有の専門知識だけでなく、ローカライズ(翻訳と異文化対応)や人工知能、映画制作の視点からみる映像ディレクションなど、バラエティに富んだ講義を、スクウェア・エニックスの現役社員が13回にわたり展開します(添付画像に講義概要詳細)。

 スクウェア・エニックスと中央大学は、今後も教育・研究分野において協定に基づいた相互協力を推進し、社会の発展と教養豊かな国際的人材育成に貢献してまいります。


■中央大学について
 中央大学は、「實地應用ノ素ヲ養フ(じっちおうようのそをやしなう)」という建学の精神のもとに、創立から130周年を超える歴史と伝統を築き、社会を支え未来を拓く人材を輩出してきました。2019年4月には「国際経営学部」と「国際情報学部」の2学部を開設し、8学部26学科を有する総合大学として、更なる魅力向上を目指します。( http://www.chuo-u.ac.jp/


■株式会社スクウェア・エニックスについて
 株式会社スクウェア・エニックスは、エンタテインメント分野において、創造的かつ革新的なコンテンツ/サービスのヒット作品を生み続けるリーディングカンパニーです。当社グループの自社IPの代表作には「ドラゴンクエスト」シリーズ(累計出荷・ダウンロード販売本数8,200万本以上)、「ファイナルファンタジー」シリーズ(同1億6,100万本以上)、「トゥームレイダー」シリーズ(同8,200万本以上)、「スペースインベーダー」シリーズなどがあります。( https://www.jp.square-enix.com


※SQUARE ENIXおよびSQUARE ENIXロゴ、ドラゴンクエスト/DRAGON QUEST、ファイナルファンタジー/FINAL FANTASY、トゥームレイダー/TOMB RAIDER、スペースインベーダー/SPACE INVADERS、その他の社名、商品名は、日本およびその他の国におけるスクウェア・エニックス・グループの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。


▼本件に関する問い合わせ先
中央大学広報室
TEL:042-674-2050
メール:kk-grp@g.chuo-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/