トヨタGR 86(写真左)、スバルBRZ(写真右)

トヨタとスバルが共同開発したコンパクトFRスポーツカー、「トヨタ86」と「スバルBRZ」の新型が発表された。86はスープラと同様にトヨタ・ガズーレーシング(TGR)ブランドのスポーツカー・シリーズに組み込まれ、ネーミングも「GR 86」に変更。ちなみに、先代は欧州で「GT86」と呼ばれるなど一部地域で別の車名が使われていたが、今回はGR 86がグローバルで使われる。

トヨタGR 86
トヨタGR 86
トヨタGR 86
スバルBRZ
スバルBRZ
スバルBRZ

ボディ・サイズはほぼ先代と同等

前後まわりを中心にデザインも一新されたボディは、スバルが自社モデルのプラットフォーム開発で得たノウハウを注ぎ込み再構築。インナーフレーム構造や構造用接着剤なども組み合わせることで、初代に対しフロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%アップした。また、ルーフやエンジン・フード、フロント・フェンダーのアルミ化により、軽量化や低重心化、重量配分の適正化も図られている。

今回発表された開発目標値の暫定スペック値でのボディ・サイズは、全長4265×全幅1775×全高1310mm、ホイールベースは2575mm。初代に対して全幅は変わらないが、全長が25mm、ホイールベースが5mm伸び、全高は10mm低くなった。また、1270kgという車両重量は、初代の最大値(最上位グレードのAT車)と同じ。すなわち、寸法と重量はあまり変化していないと言えるだろう。

サスペンション形式は従来通り、フロントがストラット式、リアがダブルウィッシュボーン式で、トレッドはリアが10mm拡大された。ホイール・サイズは18インチで、タイヤは215/40R18。初代BRZのSTIスポーツなど一部仕様と同じ18インチが装着されている。ただし、グレードによってはよりこれまでの17インチや16インチの小径ホイールも用意されるだろう。

トヨタGR 86
トヨタGR 86
スバルBRZ
スバルBRZ
スバルBRZ
スバルBRZ

400cc拡大で、28psアップ

エンジンは先代と同じ水平対向4気筒で、トヨタ製の直噴+ポート噴射燃料供給システム「D-4S」を搭載するのも従来通り。ただし、排気量は初代の1998ccから2387ccへと拡大され、最高出力は+28psの235ps/7000rpm、最大トルクは+38Nmの250Nm/3700rpmを発生する。トランスミッションは6段のMTかATで、駆動レイアウトはもちろんFRだ。

新型では、AT車にスバル製の運転支援システムであるアイサイトを採用。プリクラッシュ・ブレーキや全車速追従型クルーズコントロールを装備し、安全性や快適性の向上を図る。

発売はBRZが2021年夏頃、GR 86が2021年秋頃を予定している。

トヨタGR 86(写真左)、スバルBRZ(写真右)
トヨタGR 86(写真左)、スバルBRZ(写真右)

文=関 耕一郎

(ENGINEWEBオリジナル)