【3月26日 CGTN Japanese】中国初のパンダをテーマにした観光列車が24日に四川省(Sichuan)の成都(Chengdu)から峨眉山までの試運転を開始し、28日に正式に運行を開始する予定です。

 10両編成のパンダ列車は、252人の収容が可能です。列車内のすべてのコンパートメント、食堂、レクリエーション用の公共スペースは、パンダをテーマにしています。

 列車は、5Gワイヤレスネットワークでカバーされ、音楽や映像のエンターテインメントシステム、レストランとバー、チェスとカードゲームの施設、さらに寝台車にはシャワー付きの専用トイレを備えています。(c)CGTN Japanese/AFPBB News