ホンダS660の純正コンプリートカーであるモデューロXに、特別仕様車のバージョンZが設定された。

バージョンZは最終モデルの証

バージョンZの名称は、S660の前任モデルであるビートが最後の特別仕様車に用いたものと同じ。今回のモデューロXバージョンZも2022年3月に生産を終えることが決定したS660の最後を飾るモデルになる。

ベースのS660とは別デザインの前後バンパー、リアに備わる可動式のアクティブ・スポイラー、5段階調整式ダンパー付きサスペンション、ドリルド・タイプのローターとスポーツ・パットを持つブレーキ、アルカンターラと革を組み合わせたステアリング&サイドブレーキ・レバー、スポーツ・レザーシートといった、モデューロXの専用装備はそのままに、バージョンZオリジナルの装備が加えられている。

まず目を惹くのがボディ・カラー。モデューロXでも人気があるプレミアムスターホワイト・パールのほかに、バージョンZ専用色としてソニックグレー・パールが用意された。これはシビックに設定されている色で、S660では初めての採用となる。また前後のHマークや車名ロゴのエンブレムがブラッククローム調となり、ガーニー・フラップ付アクティブ・スポイラーはグロスブラック、ホイールはマットブラックで塗装される。

鷹栖仕込みの走りはそのまま

インテリアでは、メーター・バイザーと助手席側のエアコン送風口、センター・コンソールをステアリング・ガーニッシュと揃いのカーボン調とし、ドア・ライニングはシートとコーディネートしたブラックのスエード調生地とボルドーレッドの合皮を組み合わせた。左右席間のドリンクホルダー基部には、専用のロゴ入りアルミプレートを貼付。その上部に設置されるモデューロXのロゴが入ったシート・センター・バッグは脱着式で、ポーチとして外に持ち出せる。

鷹栖プルービンググラウンドなどのテストコースで性能の検証を重ねた、空力パーツや5段階減衰力調整式ダンパーによるモデューロXの高い走行性能はそのまま、よりストイックで非日常的なクルマを演出したというバージョンZ。S660の走りを積極的に堪能してもらいたいということで変速機は6段MTのみとなる。価格は315万400円。モデューロXの10万7800円高となる。

文=関 耕一郎

(ENGINEWEBオリジナル)