【3月2日 AFP】英国のヘンリー王子(Prince Harry、36)が、米トーク番組司会者オプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)氏とのインタビューで、歴史が繰り返されることへの懸念を吐露した。母ダイアナ元皇太子妃(Princess Diana)がパパラッチから逃れようとした際に起きた交通事故で亡くなったことを踏まえた発言とみられる。

 ヘンリー王子と妻メーガン妃(Meghan, Duchess of Sussex)は昨年1月、公務から退くと発表し、英王室に衝撃を与えた。

 米CBSテレビは2月28日、今月7日に放送予定のインタビューからの抜粋を公開。その中でヘンリー王子は「私の最大の懸念は、歴史が繰り返されることだった」と語った。王子は以前から英タブロイド各紙と対立し、母親が1997年にフランス・パリでの交通事故で亡くなった一因には過熱報道があると非難してきた。

 王子はメーガン妃の手を握りながら、「こうして妻のそばに座り、あなた(ウィンフリー氏)とお話できることに本当に安堵(あんど)し、うれしく思っている」と語った。

「母は何年も前に独りでこの過程を経験した。母にとってそれがどのようなものだったのか、想像しようとしてもままならない」と王子。「私たち2人にとっては信じられないほど大変だった。ただ少なくとも、私たちにはお互いがいる」

 夫妻は第2子を授かったことを、先月14日に発表している。複数の英報道機関をプライバシー侵害で訴えており、先月にはオンラインニュースサイトのメールオンライン(MailOnline)の発行元であるアソシエーティド・ニューズペーパーズ(Associated Newspapers)に勝訴している。(c)AFP