2020年に日本市場へ導入されたポルシェの電気自動車、ポルシェ・タイカンに、エントリー・モデルとなるベース・グレードの「タイカン」が追加された。これまでの「タイカン4S」や「タイカン・ターボ」、「タイカン・ターボS」がモーターを2つ備えた4輪駆動だったのに対し、「タイカン」はリアに1つのモーターのみを搭載する後輪駆動を採用する。

リア・アクスルに搭載されるモーターは、タイカンSと同じ有効長130mmの永久磁石同期モーターを搭載し、2段変速機と組み合わされる。バッテリーは79.2kWhのパフォーマンス・バッテリーが標準装備で、オプションで93.4kWhのパフォーマンス・バッテリー・プラスを選択できる。

公称出力はパフォーマンス・バッテリーを積む標準タイプが326psで、パフォーマンス・バッテリー・プラス仕様が380ps。ローンチ・コントロールとオーバーブースト・モードの使用時にはそれぞれ408psと476psにアップする。いずれの仕様でも、0-100km/h加速は5.4秒、最高速度は230km/h。出力が異なるのに加速性能などが変わらないのは、パフォーマンス・バッテリー・プラスの車両重量が標準仕様よりも重くなるからだと思われる。WLTCモードの最大航続距離はパフォーマンス・バッテリーが431km、パフォーマンス・バッテリー・プラスが484km。ちなみに、制動時の回生電力は最大265kWだ。

ブレーキは、フロントが6ピストン、リアが4ピストンのアルミ製対向キャリパーを装備。ディスクは360mm/358mmが標準仕様で、オプションのセラミックコーティングされた鋳鉄ディスク(PSCB)は410mm/365mmとなる。価格は1171万円。

文=関 耕一郎

(ENGINEWEBオリジナル)