ルノー・カングー・キラーとして日本に導入されたシトロエン・ベルランゴ。プジョー308やシトロエンC5エアクロスなどと同じC/Dセグメント用プラットフォームのEMP2を用いた5人乗りのMPV(=多目的車)である。今回一部変更が行われ、新規グレードと新しいボディ・カラーが追加された。

新色「ディープブルー」のシャイン。今回追加された2色はいずれも上級グレードのシャインのみ。ただし、シャインでも新たに加わったXTRパックでは選べない。
愛らしいデザインが特徴のベルランゴだが、新色と黒いホイールの組み合わせではかなり引き締まった印象に見える。
シャインのリア・シート。3人分がそれぞれ独立していて、スライドなどの調整も1脚ずつできる。

ベルランゴは2019年10月に日本市場に初導入。2度に亘って限定販売された発売記念モデルが即完売し、話題となった。通常販売されるカタログ・モデルは2020年8月に登場。この際、装備を充実させた特別仕様として設定されたのがシャインXTRパックだ。当初は限定的な導入の予定だったが、注文数の多さで追加生産を実施。こうした経緯を踏まえ、今回レギュラー・モデル化が決定された。

上位グレードのシャインをベースに、ホイールを1インチアップの17インチとし、内外装のアクセント・カラーをオレンジに変更。さらに、バンパーのアンダーガード風デコレーションや専用バッジなどを追加している。このほか、ダッシュボードの色とシートの生地も専用の設定となる。

また、新たに追加されたボディ・カラーは、メタリック系のディープブルーとメタリックコッパー。どちらもシャインのみで選択できるようになった。その代わりに従来設定されていたアクアグリーンが廃止され、現在のカラー・バリエーションは全4色をラインナップする。

全グレードともボディ・サイズは全長×全幅×全高=4405×1850×1850mmで、ホイールベースは2785mm。積載容量は、5名乗車のトノカバー展開時で597リッター、最大時は2126リッター。小物入れも充実しており、室内の収納部は28か所、容量の合計は186リッターに達する。

エンジンは1.5リッター直列4気筒ディーゼル・ターボで、最高出力130ps、最大トルク300Nmを発揮。トランスミッションは8段ATで、WLTCモード燃費は18.0km/リッターだ。価格は廉価モデル「フィール」の317万円〜シャインXTRパックの354万円となっている。

新色のディープブルー。シャインのみの設定で、特別塗装色のため、6万500円の有料オプションとなる。
同じく新色のメタリックコッパー。こちらもオプション価格6万500円の特別塗装色。
白いソリッド・カラーのブラン・バンキーズ。ベルランゴに設定される4色のうち、この色のみが無償となる。
新たにシリーズ化されたシャインXTRパック。色はサーブル。フロント・バンパーや「エアバンプ」と呼ばれるボディ・サイドのプロテクターのアクセント・カラーが白からオレンジに変更されている。

文=関 耕一郎

(ENGINEWEBオリジナル)