ベース・モデルとなるBMW5シリーズの変更を受け、アルピナB5もマイナーチェンジを実施。日本での販売を開始された。今回の変更では、アルピナ自慢の走りや環境性能を向上させながら、価格を従来モデルから据え置かれるとともに、車名も従来の「B5ビターボ」から「B5」へと変更されている。

従来モデルとの大きな違いはベース・モデル。これまでは「ラグジュアリー」グレードを用いてアルピナ仕様に変更していたが、新型からは5シリーズ・ベースのアルピナとしては初めて「Mスポーツ」グレードを使用している。

エクステリアは、見た目は派手ではないものの、しっかり効きそうなエアロ・パーツとスポーク・タイプの大径ホイールを組み合わせた、いつものアルピナ・スタイル。従来比で、ボディ・サイズは全長が20mm延びた。また、車両重量はリムジン(セダン)が40kg、ツーリング(ワゴン)が20kg増加している。

エンジンもこれまでのB5同様、BMW4.4リッターV8ツインターボをベースにアルピナが独自のチューニングを施したもの。最高出力は13psアップし、621ps。先に発売された新型BMW・M5コンペティションの625psとほぼ同値だ。0-100km/h加速タイムはリムジン、ツーリングとも0.1秒短縮され、リムジンが3.4秒、ツーリングが3.6秒。最高速度は従来モデルと同じリムジンが330km/hとツーリングが322km/hに到達する。

注目に値するのは燃費性能だ。従来モデルはJC08モードでリムジンが8.2km/リッターとツーリングが7.8km/リッターだったが、新型はWLTCモードで8.7km/リッターと8.4km/リッターへとそれぞれ改善されている。

日本仕様は、先進運転支援システムの「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」と、「レザー・フィニッシュ・ダッシュボード」を装備。セダンとツーリングとも左ハンドルが標準で、価格はリムジンが1898万円、ツーリングが1977.9万円となっている。なお、右ハンドル仕様は41万円高で選択が可能だ。

文=関 耕一郎

(ENGINEWEBオリジナル)