【2月18日 AFP】「つまり、これは死のカーテンです」。サメツアーのダイバー、ウォルター・ベルナルディス(Walter Bernardis)さんはゴムボートから手を伸ばし、ネットの上部を引き上げながら語った。ここは南アフリカ東方沖の亜熱帯の海である。

 網の長さは、200メートル。ヤシの木が茂るビーチの海水浴客をサメの襲撃から守るために張ってある。

 しかし自然保護活動家たちは、このネットがサメだけでなくイルカやジュゴン、ウミガメ、クジラなど、水際に近づこうとするすべての大型動物を捕獲してしまうと主張する。

「水中に仕掛けておくシステムです。ネットに首を突っ込んだものはすべて死んでしまう」とベルナルディスさん。元教師の彼は、観光客をサメと対面させ、この魚についての誤解を解こうとしている。

 サメは1950年代に悪名をとどろかせた。今では毎年600万人以上が訪れるクワズール・ナタール(KwaZulu-Natal)州では、サメに襲われて命を落とす人が相次ぎ、白砂のビーチから人影が消えた。

 1975年のスティーブン・スピルバーグ(Steven Spielberg)監督の映画『ジョーズ(Jaws)』は、サメを人食い動物として描き恐怖心をあおった。焦った州観光業界は、サメよけ対策に乗り出した。

 同州の大都市ダーバン(Durban)の南北300キロ以上にわたって存在する37か所のビーチには現在、ネットおよび「ドラムライン」と呼ばれるブイから餌付きのフックを垂らした仕掛けが設置されている。

■保護種にも影響

 州の公的機関であるサメ委員会によると、サメよけによる保護区域内で、サメに襲われ人が死亡したという報告は67年以上ない。

 統計を見ると、サメはめったに人間を襲わない。米フロリダ大学(University of Florida)の集計によると、2019年に世界中で報告されたサメの襲撃は100件程度だ。獲物は小魚やアザラシ、イカなどが中心で、通常、人間は含まれない。

 数百種いるサメのうち人間にとって脅威となるのは、オオメジロザメやイタチザメなど5種だけだ。

 州のサメ委員会によると、ネットや餌付きフックに引っかかり、毎年少なくとも400匹のサメが窒息死している。そのうち約50匹は、ホホジロザメやシュモクザメなどワシントン条約(CITES)で保護されている種だ。