マニュファクチュールの名作ダイバーズがさらに機能を向上し、街へと魅力のフィールドを広げた。

JAEGER-LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)/ポラリス・マリナー・メモボックス
回転式インナーベゼルはダイバーズウォッチを意識させることなく、アラームも三角マーカーのついたセンターディスクで設定するさり気ないデザイン。3つのリュウズが唯一個性を主張する。自動巻き。ステンレススティール。ケース直径42㎜。税別186万4000円。

JAEGER-LECOULTRE
水中スポーツウォッチの伝統とミニッツリピーターのノウハウが融合!

スポーツウォッチのなかでもダイバーズはとくに人気の高いカテゴリーだ。それだけに各社とも独自の技術や個性を競う。1968年に登場したジャガー・ルクルトの「メモボックス・ポラリス」はそのパイオニアといえるだろう。水中用アラーム機構を搭載し、回転式インナーベゼルや優れた音の伝達を可能にした三層ケースバックなどマニュファクチュールの本領を存分に発揮した。

シースルー化でも音響を確保するため、打鐘機構のゴングはケースバックからケースに移された。さらにオープンワークを施したローターは視界を遮ることはない。クラシカルなボックス型風防に、3つのリュウズは、上からアラーム、インナーベゼル、巻き上げと時刻セットなどを担う。

新作「ポラリス・マリナー」はこの伝統を受け継ぎ、オリジナルデザインを損なわず、300m防水の本格ダイバーズ機能を装備。さらにこれまでクローズドだったケースバックに初のサファイアクリスタルを採用し、打鐘機構を見ることができるようになった。そのため音響の確保には新たな設計が求められたのはいうまでもない。

ダイバーズとしての性能に磨きをかけ、さらに洗練されたスタイルを纏う新作は、海だけでなく街にも似合う。インナーベゼルは通常の回転式ベゼルに比べてマリンテイストを抑え、シャープなブレスレットは都会的な雰囲気を醸しだす。深海への冒険心を秘めつつ、ジャケットの袖元にも似合うのだ。

 
JAEGER-LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)/ポラリス・マリナー・デイト
シンプルな機能美が際立つデイトモデルも300m防水に進化するとともに、パワーリザーブは従来の38時間から70時間へと伸ばされ、日常での実用性がさらに向上した。自動巻き。ステンレススティール。ケース直径42㎜。税別116万8000円。

文=柴田 充 写真=近藤正一 
(ENGINE 2020年12月号)