マクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社は、2020年に発表した新型スーパースポーツ、エルヴァのスペシャル・モデル「ガルフ・テーマby MSO」を披露した。2020年4月に日本初公開した際のエルヴァはモックアップ・モデルだったため、実走車両を展示するのは今回が初めてとなる。

ガルフ・テーマby MSOは、マクラーレンのビスポーク部門「MSO」により、オイル・ブランドのガルフがスポンサードするレース・カーをイメージしてカラーリングされたもの。マクラーレンとガルフが新たなパートナー・シップを締結したことを記念して製作され、2020年はオンラインで開催された英国の「グッドウッド・スピードウイーク」で10月に発表された。

ガルフは、1960~70年代にF1をはじめとするレースでマクラーレンと協力関係にあり、1990年代にはル・マンなどで再びタッグを組んでいる。そして2021年からはマクラーレン・オートモーティブの推奨オイル・サプライヤーとなり、レース・カーからロード・カーまですべてのマクラーレン車にガルフのオイルと燃料が充填されるという。

マクラーレン・オートモーティブの最上位カテゴリーであるアルティメット・シリーズに加わったエルヴァは、このブランドのロード・カーでは初となるオープン・コクピット・モデルで、その名は1960年代にマクラーレンの創始者、ブルース・マクラーレンが設計したレース・カーにちなむ。マクラーレン・オートモーティブとしては史上最軽量ながら、ミドシップに搭載する4.0リッターV8ツインターボは815ps/800Nmを叩き出す。

また、アクティブ・エア・マネージメント・システムと銘打った新機構を採用。これは気流をコントロールすることで走行風が直接キャビンに進入させず、キャノピーがあるかのような状態を作りだすという。

エルヴァは149台限定生産で、標準モデルの価格は142.5万ポンド(邦貨換算で約2億円)。MSOにエクストラ料金を支払えば、今回のガルフ・テーマby MSOと同じ仕様に仕立ててもらうことも可能だ。

マクラーレン・オートモーティブ・アジア日本代表、正本嘉宏氏
同じくガルフ・カラーをまとったマクラーレン720S GT3

文=関 耕一郎

(ENGINEWEBオリジナル)