メルセデス・ベンツGLE/GLEクーペおよびGLSにAMG 63シリーズ、「メルセデスAMG・GLE 63 S・4マチック+」「メルセデスAMG・GLE 63 S・4マチック+クーペ」「メルセデスAMG・GLS 63・4マチック+」を追加した。

メルセデスAMG・GLE 63 S・4マチック+
メルセデスAMG・GLE 63 S・4マチック+
メルセデスAMG・GLE 63 S・4マチック+

最大のトピックは、3モデルともにAMGの63モデルとしては初めて48Vマイルド・ハイブリッドを導入したことだ。V8エンジンと9段ATとの間にスターターとオルタネーターを兼ねる21ps/250Nmの電気モーターを配置。48Vのモーターは動力をアシストするだけでなく、エネルギーの回生による充電をしたり、よりスムーズにエンジンの始動/再始動をさせたり、アイドリング時やシフトチェンジ時にエンジンの回転数コントロールをするなど、動力性能や経済性、快適・静粛性の向上を目指した。

エンジンはメルセデスAMGの完全自社開発ユニットであるM 177型4.0リッターV8直噴ツインターボ。軽量化と高強度化のため、アルミ素材を用いたクローズド・デッキのクランク・ケースや鍛造ピストンを採用し、最高出力612ps、最大トルク850Nmを発生する。一定条件での走行時には気筒休止を行うことで燃費低減も図っている。

メルセデスAMG・GLE 63 S・4マチック+クーペ
メルセデスAMG・GLE 63 S・4マチック+クーペ

AMGが独自開発した4WDシステムは前後駆動力配分を0:100~100:0の範囲で自動調整。さらに電子制御リミテッド・スリップ・デフにより、発進加速や旋回性、制動時の安定性を高めている。シャシーはエア・サスペンションと、前後のアクチュエーターで車体の動きを最適化するAMGアクティブライドコントロールを標準装備。ホイールは全車とも22インチだが、GLS 63にはオプションで、AMGも含めメルセデスでは初設定となる23インチを用意している。

安全運転支援システムは最新世代のものを標準装備。「ハイ、メルセデス」でお馴染みの音声認識機能を備えた先進的なインフォテイメント・システムや、ワイヤレス充電などスマートフォン連携機能も拡充した。24時間緊急通報サービスを最長10年、ナビの遠隔設定などを3年、24時間コンシェルジュサービスなどを1年、それぞれ無償利用できるテレマティクスサービスも標準設定だ。

価格はGLE 63 S・4マチック+が1958万円、低いルーフラインが特徴的なGLE 63 S・4マチック+クーペが1998万円、GLS 63 4マチック+が2183万円となっている。
 

メルセデスAMG・GLS 63・4マチック+
メルセデスAMG・GLS 63・4マチック+
メルセデスAMG・GLS 63・4マチック+
メルセデスAMG・GLS 63・4マチック+

文=関 耕一郎

(ENGINEWEBオリジナル)