【1月14日 Xinhua News】中国新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)では2010~18年の8年間、全民族の人口が増えていたことが明らかになった。

 同自治区統計局が公表した1978~2018年のデータによると、この間、ウイグル族の人口が漢族を常に上回っていた。

 自治区内のウイグル族の人口は、2000年が1017万人、2018年が1271万人だった。漢族は2000年が883万人、2018年が900万人だった。

 同自治区の少数民族人口は2010~18年の間、287万人(22・1%)増え、1586万人となった。(c)Xinhua News/AFPBB News