【1月13日 AFP】日本政府は13日、新型コロナウイルスの感染が全国的に急拡大している状況を踏まえ、緊急事態宣言の対象に大阪や京都など7府県を追加し、計11都府県に拡大した。さらに入国規制も強化した。

 緊急事態の期間は翌14日から来月7日まで。

 日本における同ウイルスの感染拡大は比較的小規模にとどまっているとはいえ、これまでに約4100人が死亡。冬に入り感染者数が急増しており、医療関係者らは、特に影響が大きい地域の医療機関は逼迫(ひっぱく)していると述べている。

 映像は13日撮影・提供。(c)AFP