【1月13日 Xinhua News】中国海関(税関)総署の発表によると、中国の越境電子商取引(EC)が急成長しており、2020年の越境ECプラットフォームを通じた輸出入は前年比63・3%増の24億5千万点となったという。

 海関総署は年始のセール期間に向けて通関業務をさらに迅速化するため、昨年10月上旬に通関のレイアウトを変更、ECプラットフォームと企業を訪問してセールの計画を聞き取り、詳細な作業計画を定め、技術とモデルの刷新を図った。

 上海市と南京市(Nanjing)、珠江デルタ地域も、越境EC商品通関のさらなる効率化に向けた対策を積極的に講じている。(c)Xinhua News/AFPBB News