【1月12日 AFP】インドネシア海軍のダイバーらは10日、前日に墜落した格安航空会社(LCC)スリウィジャヤ航空(Sriwijaya Air)SJ182便のボーイング(Boeing)737-500型機のものとみられる機体の残骸を海底で発見した。同機は子ども10人を含む乗客乗員62人を乗せ、ジャカルタを離陸した直後にジャワ海(Java Sea)に墜落した。

 映像前半はインドネシア海軍が10日撮影・提供。後半はジャカルタのふ頭に並べられた、同機のものとみられる機体の残骸、11日撮影。(c)AFP