【1月12日 AFP】米ツイッター(Twitter)は11日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の支持者らによる先週の連邦議事堂襲撃事件を受け、米極右陰謀論「Qアノン(QAnon)」に関連する7万以上のアカウントを停止したと発表した。

 同社は前日10日には、トランプ氏のアカウントを永久停止している。

 ツイッターは公式ブログで「首都ワシントンで起こった暴力的な出来事と危害リスクの高まりを考慮し、わが社は8日午後、Qアノンのコンテンツのシェアを主目的としていたアカウント数千件の永久停止を開始した」と発表した。一人で多数のアカウントを使っていた例も多かったという。(c)AFP