【1月10日 AFP】9日に乗客乗員62人を乗せてインドネシアのジャカルタから離陸直後に消息を絶った格安航空会社(LCC)スリウィジャヤ航空(Sriwijaya Air)SJ182便のボーイング(Boeing)737-500型機は、ジャワ海(Java Sea)に墜落したことが分かり、10日朝までに残骸や人体の一部がジャカルタに近い海で見つかった。

 スマトラ(Sumatra)島ポンティアナク(Pontianak)行きのSJ182便は9日午後、スカルノ・ハッタ(Soekarno Hatta)国際空港を離陸した約4分後に急降下した。原因は分かっていない。当局は軍の艦艇10隻、ヘリコプター、ダイバーを出して、海と空から行方不明者の捜索に全力を挙げている。

 ダイバーらは墜落した場所の可能性がある少なくとも3か所にオレンジ色のバルーンで目印をつけた。その位置は同機が消息を絶った位置とかなりの確かさで合致していると考えられると、インドネシア軍幹部は述べた。現場は日帰り観光客に人気の島の近く。

 ジャカルタ警察の広報担当者はメトロTV(Metro TV)に対し、「今朝までに警察は2つの遺体袋を受け取った。一つは乗客の持ち物、もう一つには人体の一部が入っていた」と述べた。

 当局によると、乗客乗員62人は全員インドネシア人で、うち10人は子どもだった。(c)AFP