複雑に機能する時計のムーブメントは、もはや小宇宙といっても過言ではない。スーパースポーツカーにとってエンジンが大切なように、時計選びもエンジン=ムーブメントがキモなのだ!

ULYSSE NARDIN(ユリス・ナルダン)/ユリス・ナルダン デュアルタイム
9時位置の第二時間帯と2時位置のラージデイト表示、ケース左のプラス/マイナスボタンによる瞬時の調整は従来通りだが、数字をはじめ各部がすっきり見やすいデザインに。また「スケルトン X」と同じ特徴的なケースを採用してスタイリッシュな感覚も加味した。自動巻き。ケース直径40㎜、5気圧防水。ステンレススティール税別96万円、ローズゴールド税別264万円。

シースルーバックから見えるユリス・ナルダンの自動巻きムーブメントUN-24。特許の機構はダイアル側にレイアウトされている。

ULYSSE NARDIN

ユリス・ナルダンの代表作のひとつに便利なトラベルウォッチがある。それは、1994年に開発された瞬時にタイムゾーンの調整が可能な特許のユリス・ナルダン デュアルタイム機能を搭載するモデルだ。9時位置の窓で表示される第二時間帯の時間も、2時位置の窓で表示されるビッグデイトの日付も進む/戻すの調整が簡単にできる画期的なシステムを採用するので、旅先でも帰国後も使い勝手は抜群だ。今年登場した新作は3本ラグの特徴的な「スケルトン X」と同じケースを採用して完全リニューアル。ドレッシーかつスポーティな味わいが際立つ。

時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!

時差をともなう旅行に便利な時計はいくつもあるが、どれも使い方に不慣れだと旅先や帰国後の調整に手間取ることがある。そんな悩みを一発解決するのがユリス・ナルダン デュアルタイム機能だ。複雑機能をシンプルな機械機構で実現するこの秀逸な機構は特許だから他社ではお目にかかれない。選ぶなら一択ということだ。

ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!

個人的にも愛用していたユリス・ナルダンのデュアルタイムモデルの新作。1994年に開発され特許を取得した機構は、ケースに向かって左側の2つのプッシャー (「+」と「−」)を押すことで時針を前後に調整できてとにかく便利! 加えて、ダイアル上で9時位置にある小窓はホームタイムを表示して見やすいのもポイント。自信を持ってオススメします!!

文=菅原 茂/前田清輝(ENGINE編集部) 
(ENGINE 2021年1月号)