【1月4日 AFP】ノルウェーの首都オスロ近郊で発生した地滑りで、新たに遺体が発見され、死者は7人となった。警察が3日、明らかにした。3人が依然行方不明となっている。

 地滑りは昨年12月30日未明、オスロの北東約25キロに位置するアスク(Ask)村で発生。複数の住宅が倒壊したり、泥の激流で数百メートル先に押し流されたりした。

 遺体で発見された7人のうち、50代の女性と29歳の息子、40歳の男性と2歳の娘、31歳の男性の計5人の身元が確認されている。

 3日には、ハラルド5世国王(King Harald V)とソニア王妃(Queen Sonja)、ホーコン・マグヌス皇太子(Crown Prince Haakon)が現場を訪れ、地元の教会でキャンドルをともして犠牲者を悼んだ。

 ノルウェー水資源エネルギー庁(NVE)によると、地滑りは、過度の力が加わると崩れて液状になることがある「クイック・クレイ」というノルウェーやスウェーデンに見られる粘土層によるもので、約300メートル×800メートルの範囲で起きた。

 当局はNVEの勧告を受け、避難している地元住民の一部が自宅に戻れるよう避難範囲を狭めることを決定した。人口約5000人のアスク村では、当初約1000人が避難していた。(c)AFP