複雑に機能する時計のムーブメントは、もはや小宇宙といっても過言ではない。スーパースポーツカーにとってエンジンが大切なように、時計選びもエンジン=ムーブメントがキモなのだ!

TAG HEUER(タグ・ホイヤー)/タグ・ホイヤー カレラ スポーツクロノグラフ 160周年リミテッドエディション
ホワイトとブルーの2種類各1860本限定。3時位置に30分積算計、9時位置に12時間積算計を配して横並びで対称を成すのはキャリバー ホイヤー 02の特徴。赤いクロノグラフ針や12時位置の日付表示も独特だ。自動巻き。約80時間パワーリザーブ。ステンレススティール×セラミックベゼル、ケース直径44㎜、100m防水。税別64万円。

ケースバックからは、コラムホイールや垂直クラッチを組み込んだ最新のキャリバー ホイヤー 02が見える。ローターは160周年を記念する特別なデザイン。

TAG HEUER

1860年創業のタグ・ホイヤーは、2020年に創業160周年という大きな節目を迎えた。それを祝うのは、1963年の誕生からブランドの代表作の一つとしてコレクションを成してきた「タグ・ホイヤー カレラ」の限定モデル。カラーリングが特別なデザインとともに魅力的なのは、このモータースポーツにまつわる名作クロノグラフを力強く駆動するエンジンのキャリバー ホイヤー 02だ。伝統と革新を融合したこの自社製ムーブメントは、最新の薄型設計で約80時間のロングパワーリザーブが備わり、新世代「カレラ」を支える頼もしい俊英だ。

時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!

記念モデルに搭載されたエンジンの自社製「キャリバー ホイヤー 02」は、原型の開発から実機までに長い年月を要した労作だけに、その技術成果のおかげで完成度の高い自動巻きクロノグラフ・ムーブメントに仕上がっている。往年の横並び2インダイアルふうにアレンジされた積算計の巧みなデザインや色使いも秀逸だ。

ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!

垂直クラッチ、そしてコラムホイール機構を採用。しかもパワーリザーブも約80時間というタグ・ホイヤー自慢の自社製ムーブメント ホイヤー02。モータースポーツ好きに人気の高いクロノグラフにふさわしい高性能ムーブメントだ。ダイアルもレーシーなデザインだけに、これを着けたら気分も高揚してスポーツカーとサーキットへ出かけたくなりそうだ。

文=菅原 茂/前田清輝(ENGINE編集部)
(ENGINE2021年1月号)