今月の89号車の走行距離は1420km。近場の移動ばかりで遠出はしていないが、順調に距離を伸ばしている。

アップデートは要注意、の時も。

今回は日産の急速充電器に無事対応したアップデートの続報をご報告したい。基本こうしたアップデートはディーラーに入庫して行うようだが、IペイスはSIMカードを搭載しておりLTE通信が可能なので、無線でプログラムを自動入手し「ソフトウェアのダウンロードが成功しました」とアップデートを促す告知が現れることもある。これまで2度告知が出たが、ほぼ無意識に「今すぐインストール」を選んでいた。しかし先日出た告知にはビックリ。「インストール中、車両は最長20分使用できません」というのだ。英文で小さく「インストールがはじまると車両はシャットダウンし、ロックする」とも出ている。高速のPAに立ち寄り、先を急ごうとしたところだったからちょっと焦って、あわてて指をひっこめたのはいうまでもない。以前テスラのオーナーが久しぶりに乗ろうとしたら自動アップデートのせいでなかなか乗れずに参った、なんて話を聞いたけど、いやはや、うかうかできない時代である。なお深夜に帰宅後、再告知されたのでインストールすると、翌朝何事もなく始動しました。

■89号車/ジャガーIペイスHSE
JAGUAR I-PACE HSE
新車価格:1183万円(OP込1365万9000円)
導入時期:2020年6月
走行距離:1万7705km(スタート時1万809km)

文=上田純一郎(ENGINE編集部)

(ENGINE2021年1月号)