2020年下半期、新作時計速報! 恒例の時計フェアは中止になっても、ジュネーブや上海、そして東京での個別発表に加えて、オンラインでも新作時計が続々リリースされている。時計はいつも活力をくれる一種のビタミン。元気カラーでお洒落、ハイスペックと3拍子揃ったこんな最新モデルに注目だ。

セイコーの創業者で国産時計の確立に貢献した創業者、服部金太郎が生まれたのは1860年。その生誕160周年を祝うセイコーの記念モデルは、彼が理念とした「常に時代の一歩先を行く」をまさに現代の時計製造に反映した世界初のGPSソーラーウオッチ「セイコー アストロン」より発売された。

チタンとセラミックの黒に金のアクセントを効果的にあしらい、裏蓋に金太郎が1900年に登録した商標の「丸角S マーク」を配したアニバーサリーモデルの特別なデザインにはセイコーの伝統と革新が見事に象徴され、あらためて歴史の重さや先進性を発見させる。

SEIKO(セイコー)/アストロン 創業者 服部金太郎 生誕160周年モデル
ケースとブレスレットはスーパー ブラックダイヤシールドのチタン。セラミック製ベゼルには160周年にちなんだ16面カットを施す。そして裏蓋に金太郎が1900年に登録した商標の「丸角S マーク」と「常に時代の一歩先を行く」の英文。GPSソーラームーブメント。ケース直径42.8㎜、20気圧防水。世界限定2500本。税別40万円。

SEIKO(セイコー)/プレザージュ シャープエッジド シリーズ
日本の美学に根ざしたデザインを追求する「プレザージュ」。新作はエッジのきいたケースや、日本の伝統的な麻の葉紋様を直線の交差で立体的に表現したダイアルが特長。バリュープライスの機械式としても秀逸だ。自動巻き(手巻き付き)。パワーリザーブ70時間。ステンレススティール、ケース直径39.3㎜、10気圧防水。税別10万円。

時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!

創業者の生誕160周年を記念する「アストロン」は、ストーリー盛り盛りなのだが、一切の説明抜きで見たら、今のファッションに似合うスタイリッシュなお洒落時計に思えるかもしれない。セイコーには違いないが、従来のイメージを超えるセンスが感じられるからだ。オジサンよりも、若い世代に楽しんでほしい時計なのではないか?

ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!

琺瑯や有田焼の美しいダイアルを採用してきたプレザージュの新デザインコレクションは、シャープに仕上げられたケースも美しいが、やはりダイアルが見事だ。ギョーシェ仕上げのような麻の葉紋様が施されたダイアル、そして約70時間のパワーリザーブを誇る機械式ムーブメントを搭載して税別10万円なのだから、お買い得としか言いようがない。

文=菅原 茂(時計ジャーナリスト)/前田清輝(ENGINE編集部シニア・エディター)
(ENGINE2020年12月号)