【11月13日 Xinhua News】中国通信大手、中国移動通信(チャイナモバイル、China Mobile)傘下の湖北移動は10日、湖北省(Hubei)武漢市(Wuhan)の一部地下鉄路線が第5世代移動通信システム(5G)対応になったことを明らかにした。地下鉄8号線内では現在、中国移動通信傘下の武漢移動がネットワーク工事を進めている。湖北移動は2億元(1元=約16円)を投入し、2021年までに市内地下鉄8路線の5G対応工事を完成させる予定となっている。(c)Xinhua News/AFPBB News