【11月12日 CGTN Japanese】10月31日から11月9日まで開催された第33回東京国際映画祭。今年はコロナ禍を受けて、昨年まで実施されていた、アジアの新鋭監督を集めた「アジアの未来」、日本映画の気鋭作品をそろえた「日本映画スプラッシュ」、そして「コンペティション」の3部門を1つの部門に統合し、「TOKYOプレミア2020」として新設することになりました。

 この「TOKYOプレミア2020」に出品された中国映画『兎たちの暴走(原題:兔子暴力)』が、日本映画以外として最も早くチケットを完売した作品になり、注目を浴びています。

 本作は注目の女性監督、申瑜(シェン・ユー)のデビュー作で、父親と継母と暮らす女子高校生シュイ・チンと、彼女の元に現れた生みの母親との日々を描く物語です。主演は今年の配信番組『乗風破浪的姐姐(Older Sisters Who Brave the Winds and Waves)』で大ブレークした女優の万茜(ワン・チエン)と、李庚希(リー・ゲンシー)、そして黄覚(ホァン・ジュエ)です。 (c)CGTN Japanese/AFPBB News