【11月10日 Xinhua News】中国福建省(Fujian)アモイ市(Xiamen)の湖里イノベーションパークでこのほど、第5世代移動通信システム(5G)と人工知能(AI)を搭載した無人運転の食事宅配車両4台が実用化された。車両1台で朝食200食以上、昼食または夕食100食分を運ぶことができ、利用者は2次元バーコードをスマートフォンで読み取って会計を済ませ、食事を受け取る。車内には保温装置が設置されており、料理は温かい状態に保たれている。(c)Xinhua News/AFPBB News