2020年下半期、新作時計速報! 恒例の時計フェアは中止になっても、ジュネーブや上海、そして東京での個別発表に加えて、オンラインでも新作時計が続々リリースされている。時計はいつも活力をくれる一種のビタミン。元気カラーでお洒落、ハイスペックと3拍子揃ったこんな最新モデルに注目だ。

AUDEMARS PIGUET

今年のオーデマ ピゲは、基幹コレクションの新作のみならず、次々と披露される複雑モデルも注目の的だ。しかもただの複雑モデルにあらず。いずれも超絶メカを搭載する実験的なハイコンプリケーションなのには驚かされる。

ここに取り上げた2つは、いずれも重力の影響を排除して高精度をもたらす最高峰のトゥールビヨンを搭載しつつ、GMTやクロノグラフといったプラスアルファの実用機能を加味したモデル。しかも伝統的なスタイルを超越するハイテク感を強調したオープンワークのデザインがメカを引き立て、その迫力が見る者を圧倒する。

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)/ロイヤル オーク コンセプト フライング トゥールビヨン GMT
同モデルの新作も一貫して未来志向。チタンケースにグレーセラミックのベゼルを組み合わせ、驚異の約10日間パワーリザーブが備わる手巻きトゥールビヨンムーブメントのチタン製ブリッジをブルーで彩り、ハイテク素材や前衛的なオープンスタイルのデザインにおいて21世紀を表現。ケース直径44㎜、10気圧防水。価格要問い合わせ。

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)/CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ フライング トゥールビヨン クロノグラフ
「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」に初めてフライングトゥールビヨンとフライバッククロノグラフを組み合わせた複雑モデルが登場。ダイアルレスとスケルトンムーブメントによって可視化された精巧なメカが目を楽しませる。ホワイト&ピンクゴールド、ケース直径41㎜、30m防水。世界限定50本/日本先行発売。税別2680万円。

時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!

機械式複雑時計において最先端をゆくデザインは、まさにダイアル面からメカの全貌が見渡せるオープンスタイルに他ならない。それを見事に証明するのが2つのトゥールビヨンだ。最高峰の技術を投入して時計をハイテクアートの作品としてセンス良く「見せる」ことができるのは、真の実力者ならではだ。

ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!

「ロイヤル オーク」、そして「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」。ブランドを代表する2モデルの贅沢なコンプリケーションは、その複雑な機構の動きを存分に楽しめるのが大きな魅力。しかも「ロイヤル オーク コンセプト」においてはパワーリザーブが約10日間! フルに巻き上げておけば長期の出張や旅行でも止まる心配も無用だ。

文=菅原 茂(時計ジャーナリスト)/前田清輝(ENGINE編集部シニア・エディター)
(ENGINE2020年12月号)