「メルセデス哲学をもった最後のメルセデス」などと形容され1984年にデビューした中型メルセデス124型は、消耗部品をちゃんと交換していけば、新車同然の状態で長く使えると言われていた。それを確かめるべく、2008年、ENGINE編集部は長期テスト車として、92年型の300TEを購入。購入時の走行距離は3万4000㎞、価格は168万円。それから12年後、2019年の走行距離30万キロを突破をきっかけに、過去12年間の雑誌「ENGINE」連載をWEBで公開しています。毎週水曜日12時更新。

エンジンがかかりません!

最初におや? っと思ったのは長野出張からの帰り道。横川SAでエンジンをかけるとブルルッと大きな振動があり、エンジンがストールした。幸い、再始動できたので無事編集部に戻った。ところが、駐車場に収まると、まったくエンジンがからなくなってしまった。原因は点火系。イグニッション・コイルで発生した点火電流を各シリンダーに振り分けるディストリビューターが経年劣化で通電しなくなってしまったのだ。ディストリビューター・キャップ、同ローター、プラグの交換で5万9000円の出費となった。

文=荒井寿彦(ENGINE編集部) 

44号車/メルセデス・ベンツ300TE
MERCEDES-BENZ300TE
購入価格:168万円
導入時期:2008年9月
走行距離:3万4570km+16万1100㎞

(ENGINE2012年12月号)