東京工芸大学(学長:吉野弘章、所在地:東京都中野区、神奈川県厚木市、以下、本学)が、新型コロナウイルス感染防止対策と図書貸出促進の観点から、「本の貸出・返却を配送で行う」サービスを始める。




 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、2020年4月中旬から休館していた本学図書館では、6月末より貸出・返却に限り業務を再開したものの、利用率は6~8月の3箇月間で17.4%に留まっていた。学生から本学への図書館の貸出再開を望む声も多く、10月26日から配送による貸出サービスを開始することとした。実施する施設は、本学におけるすべての図書館で、中野キャンパスに設置されている中野図書館、並びに厚木キャンパスに設置されている中央図書館の2館。貸出は利用者からのメールでの申請により行い、返却は自宅近くのコンビニに持ち込むなどで可能。配送はヤマト運輸が担当し、配送にかかる費用は貸出・返却いずれも大学が負担する。このサービスの実施期間は当面の間とし、社会の新型コロナウイルス感染状況を踏まえて今後判断していく。



■東京工芸大学中野図書館
所在地:〒164-8678 東京都中野区本町2-9-5 中野キャンパス内
設置年:1957年
蔵書数:約9万冊
特 徴:芸術分野の専門図書館として開設された。特に写真、映像、アニメーション、ゲームなど、視聴覚を含め、メディア芸術に関連する資料も充実しているのが特徴。中でも98年に渡る写真教育の歴史から、約1万3千冊の写真集を所蔵。中には希少価値の高い写真集も多く含まれ、写真集専門コーナーも設けている。


■東京工芸大学中央図書館
所在地:〒243-0297 神奈川県厚木市飯山1583 厚木キャンパス内
設置年:1973年
蔵書数:約18万冊
特 徴:工学部の学生と工学研究科の大学院生が通うキャンパスに立地。所蔵の多くは工学分野、芸術分野の図書が中心。地上3階の広いスペースには、視聴覚コーナーはもとより、アクティブラーニングエリア、新聞・雑誌ブラウジングコーナー、過去1年間の雑誌を保管しているカレント雑誌コーナーを有する。




【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/