【10月18日 AFP】男子テニス、サンクトペテルブルク・オープン(St. Petersburg Open 2020)は17日、シングルス準決勝が行われ、大会第3シードのアンドレイ・ルブレフ(Andrey Rublev、ロシア)が4-6、6-3、6-4で第2シードのデニス・シャポバロフ(Denis Shapovalov、カナダ)に逆転勝ちし、決勝へ駒を進めた。この勝利でルブレフは最終戦ATPワールドツアー・ファイナルズ(ATP World Tour Finals 2020)初出場に前進している。

【写真特集】テニス最終戦の歴代優勝者、2007年以降

 ともに英ロンドンで11月15日から22日に行われる最終戦出場を目指すシャポバロフを破り、ディエゴ・シュワルツマン(Diego Schwartzman、アルゼンチン)を抑えて出場権争いで8番手に浮上したルブレフは、「信じられない試合だった」「お互いにレベルが高かったし、どちらも勝利に値した」と試合を振り返った。

 18日に行われる決勝では、今季4勝目を目指して前回準優勝のボルナ・チョリッチ(Borna Coric、クロアチア)と対戦する。第7シードのチョリッチは、2015年大会覇者で第6シードのミロス・ラオニッチ(Milos Raonic、カナダ)に1-6、6-1、6-4で勝利した。

 上位8人が争うATPファイナルズは、これまでにノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)、ラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)、ドミニク・ティエム(Dominic Thiem、オーストリア)、ステファノス・チチパス(Stefanos Tsitsipas、ギリシャ)、ダニール・メドベージェフ(Daniil Medvedev、ロシア)、アレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)の出場が決まっており、残るは2枠となっている。(c)AFP