【10月18日 Xinhua News】中国四川省(Sichuan)カンゼ・チベット族自治州道孚(タウ)県木茹郷古彫村の村人が14日、帰宅途中に山の上にヒョウがいるのを目撃し、携帯電話で撮影した。

 鮮水河大峡谷国家森林公園の奥地に位置する同郷には、植物180種余り、野生動物60種余り、国家級保護野生動物30種余りが生育・生息しており、ヒョウなど長江上流の野生動物にとって重要な生息・繁殖地になっている。

 地元政府によると、同県では近年、生態環境が効果的に保護されており、野生動物の目撃例が増加し続けているという。(c)Xinhua News/AFPBB News