【10月15日 時事通信社】フランス保健省は15日、警察がベラン保健相の自宅を捜索したと明らかにした。司法当局は、マスクの在庫隠しなどが疑われる政府の新型コロナウイルス対策について捜査を進めており、カステックス首相やフィリップ前首相、ビュザン前保健相らも捜査対象となっている。AFP通信が報じた。

 フィリップ氏が市長を務めるルアーブル市も、BFMテレビに対し「市役所も全面的に協力し、庁舎とフィリップ氏の自宅が捜索を受けた」と説明。仏メディアによれば、閣僚が関与する事件を扱う共和国法院は7月、政府が新型コロナの感染防止対策を怠った疑いで捜査を開始していた。

 フランスでは3月、店頭でマスクが品薄となり、医療現場でも不足状態が続いた。その後、交通機関でのマスク着用義務化に伴って突然流通し始めたことから、政府の在庫隠しを疑う見方が広まっていた。(c)時事通信社