【10月14日 AFP】ロシアの野党勢力指導者アレクセイ・ナワリヌイ(Alexei Navalny)氏が神経剤ノビチョクを使った毒殺未遂の被害を受けた事件をめぐり、欧州連合(EU)は14日、6人と1団体に制裁を科すことで合意した。外交関係者らがAFPに明らかにした。

【解説】ナワリヌイ氏の毒物反応、コリンエステラーゼ阻害薬とは?

 フランスとドイツは先週、この事件の責任はロシアにあると主張し、制裁を提案。EU加盟27か国の大使が制裁発動を承認した。

 EUの慣行に従い、15日に制裁が実際に発動されるまでは、対象となる個人・団体の名称は公表されない。(c)AFP