【10月17日 CGTN Japanese】江蘇省(Jiangsu)の揚州工業職業技術学院はこのほど、新入生5000人余りを迎えました。これら新入生のうち、李紫石(Lizishi)さんが注目を集めています。300キロ以上離れた故郷の連雲港(Lianyungang)から自転車で来たからです。

 自転車をこいで入学したことについて、李さんは「大学合格通知書を受け取った時に、自転車で行こうと決めた。路線は細かく研究して決めたものだ」と話しています。

 大学での日用品などを宅配便で送り、最小限の荷物で身軽に出発しました。計画した路線を通り、目的地の揚州まで3日で着きました。

 李さんは「今年18歳になる。この形で自分ならではの『成人式』を楽しみたい。これからの大学生活では、今回の経験を生かして、どんな困難も克服し、勇ましく前に向かい、学業に励みたい」と意気込んでいます。(c)CGTN Japanese/AFPBB News