【10月15日 CGTN Japanese】「視聴覚的実演に関する北京条約」の発効祝賀会が北京で行われました。この条約は著作権の画期的な重要性と北京の著作権保護のイメージを十分に示しています。

「視聴覚的実演に関する北京条約」は、都市名にちなんで名付けられた最初の国際的な著作隣接権条約です。今年4月28日に発効し、出演者が公演によって享受する道徳的および経済的権利を保護することを目的としています。

 条約発効後は、パフォーマーの創造的な熱意をさらに刺激するとともに作品の普及を促進し、文化産業の健全な発展に導くことが期待されています。これまでに34カ国が条約を承認または参加しています。(c)CGTN Japanese/AFPBB News