【10月11日 AFP】アルメニアとアゼルバイジャンの係争地ナゴルノカラバフ(Nagorny Karabakh)の主要都市ステパナケルト(Stepanakert)で10日、停戦が発効したにもかかわらず、新たに爆発があった。この停戦で砲撃やミサイル攻撃は短期的に収まっていた。

 アルメニア・アゼルバイジャンの両国は、ロシアが仲介してモスクワで長時間行われた協議の末、停戦に合意。10日正午の停戦発効直後、双方は攻撃を受けたと相手国を非難したが、停戦によって同日午後は砲撃が抑制されたもようだ。数日にわたり攻撃されたステパナケルトでは、ようやく家から出られた住民の姿も見られた。

 しかしステパナケルトで取材中のAFP記者によると、停戦は長くは続かず、10日午後11時半(日本時間11日午前4時半)ごろ大きな爆発音が7回あり、空襲サイレンが鳴り響いた。

 アゼルバイジャン当局幹部は、「遺体や捕虜の交換のための人道的な停戦だ。(本当の)停戦ではない」とし、同国政府としてはナゴルノカラバフの支配権を取り戻す取り組みを「やめる考えはない」と述べた。

 アルメニアの国防省は、アゼルバイジャン軍が停戦発効の5分後に前線へ攻撃を行ったとして非難。一方でアゼルバイジャン国防省も、アルメニア軍が前線を攻撃して人口密集地に砲撃し、「公然と停戦合意に違反した」と非難した。(c)AFP/Herve Bar with Dmitry Zaks in Barda