【9月24日 CGTN Japanese】中国外交部と国家移民管理局は23日、28日0時から、中国のビジネス、私事、家族訪問の有効な居留許可を有する外国人の入境を許可し、新たな査証申請を不要とする旨の公告を発表しました。

 公告は、現在の新型コロナウイルス感染症の情勢および予防・抑制の必要に基づき、2020年3月26日に外交部と国家移民管理局が連名で発表した「有効な中国査証、居留許可を有する外国人の入境を暫定的に停止することに関する公告」の一部の措置に関し、以下のとおり調整するとしています。

 外国人が2020年3月28日0時以降に期限が過ぎた上述の三種類の居留許可を有していて、所持者が訪中する事由に変更がない状況下にあれば、期限が過ぎた居留許可と関連資料により、中国の在外大使館・総領事館に相応する査証を申請し、入境することができる。上述の者は中国側の防疫管理規定を厳格に順守しなければなりません。(c)CGTN Japanese/AFPBB News