【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009244783-O1-kydWNbr5】

AsiaNet 85758 (1633)

 
【瀋陽(中国)2020年9月23日新華社=共同通信JBN】瀋陽市宣伝部によると、9月20日にChina Industrial Museum(中国工業博物館)で第4回China Textile Intangible Cultural Heritage Conference(中国繊維無形文化遺産カンファレンス)および第2回China(Shenyang)Cheongsam Culture Festival(中国(瀋陽)チャイナドレス文化フェスティバル)が開催された。チャイナドレスの素晴らしい視覚的饗宴が舞台に登場して、開会式でチャイナドレスのトレンドを披露し、無形文化遺産とチャイナドレス文化の継承を実現させた。

イベントは、「チャイナドレスの古都」瀋陽市の繊維無形文化遺産とチャイナドレス産業の組み合わせを宣伝し、有名な歴史的、文化的都市である瀋陽の衣服文化とファッションの魅力をさらに証明した。

チャイナドレス文化は、1636年より瀋陽市から世界に普及した。チャイナドレスは、瀋陽における文化産業の発展を促すのに重要なソースだ。同市は、衣服の開発、文化的観光、その他の産業を振興するためにCheongsam Culture Festivalを開催する。

Shenyang Shengjing Manchu Embroidery Cultural Industry Group Co., Ltd.の童世界(Tongshijie)無形文化遺産アカデミープロジェクトは、同日に瀋陽で「盛京満州刺しゅう・書道拡大無形文化遺産」をテーマとしたカンファレンスを開き、これは第4回China Textile Intangible Cultural Heritage Conferenceと第2回China(Shenyang)Cheongsam Culture Festivalにおいて重要なアクティビティーの1つだった。

童世界無形文化遺産アカデミーは「盛京満州刺しゅうの立体的発行プロジェクト」に属しており、2019年から2020年に商務部およびその他5つの省庁と委員会によって「国家主要文化輸出プロジェクト」と見なされている。同アカデミーは、無形文化遺産を目標として取り入れており、これは文化的な自信と全民族の結束を示す。

ソース:The Publicity Department of Shenyang Municipality

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=372367
(写真説明:第4回China Textile Intangible Cultural Heritage Conferenceと第2回China(Shenyang)Cheongsam Culture Festivalが開会した)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=372374
(写真説明:「盛京満州刺しゅう、文化遺産、無形文化遺産」をテーマとしたカンファレンスの一場面)