【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009244758-O1-TOGFerD6】

AsiaNet 85743 (1671)

 
【上海2020年9月23日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)エンタープライズBGのPeng Zhongyang取締役兼プレジデントはHUAWEI CONNECT(ファーウェイ・コネクト) 2020で、「価値向上のためのパラダイムシフト」をテーマに基調講演した。Peng氏は、産業デジタル・トランスフォーメーションの新たなパラダイムへの移行は、将来のインテリジェント社会の発展にとって急を要すると述べた。産業のデジタル化を推進し、新たなパラダイムを構築するには、クライアントの要求と夢に焦点を当て、シナリオベースのイノベーションによって新たなパラダイムを実現し、5つの技術領域間の相乗効果を通じて、産業に新たな価値を生み出しつつ、共創が相互にプラスとなるデジタルエコシステムを確立する必要がある。

https://photos.prnasia.com/prnh/20200923/2926017-1
(写真説明:HUAWEI CONNECT 2020で「価値向上のためのパラダイムシフト」をテーマに基調講演するファーウェイ・エンタープライズBGのPeng Zhongyang取締役兼プレジデント)

▽最先端の技術、業界ノウハウ、実践
2020年は、様々な産業で改革が進むとともにテクノロジーが爆発的な成長を遂げている異例の年である。デジタル・トランスフォーメーションの途方もない可能性が、コネクティビティー、クラウドコンピューティング、AI、アプリケーションがこれまでにない方法で5Gの周辺で発展している5つの技術領域での相乗効果をベースに解き放たれようとしている。

ファーウェイは、10以上のシナリオで炭鉱をデジタル構造に変えることで、デジタルツインを実現し、鉱業全体をデジタル化し、スマートにした。

馬欄山映像文化創造産業パークで、ファーウェイはクライアントやパートナーと協力して撮影プロセス用のクラウドプラットフォームを確立、撮影、ストリーミング編集から保存、帰路に至るまでのビデオ制作全体を合理化し、サイクルを30%短縮、コストを20%削減した。

ファーウェイは長年、より良い未来のための成功事例にこだわってきた。2018年、東莞にあるファーウェイの物流パークは、半年間に及ぶ変革を経験した。設備の自動化とインテリジェント・アルゴリズムのお陰で、配送効率(1人当たりの配送量)は67%向上、配送サイクルは50%超短縮された。

Peng氏は「シナリオのデジタル化には3つの決定的要素がある。1つ目は、ICTとコアシナリオの一体化を可能にする最先端技術。2つ目は業界ノウハウで、ここでは、業界を見る目を養い、業界知識を身に付ける必要がある。最後は実行に移すことだ。つまり、これらすべてを実行に移し、たゆまぬ探求とイノベーションにより理論を実践していくことだ」と結論付けた。

▽デジタル・トランスフォーメーションの新たなパラダイム
ファーウェイがそれによって価値を創造し、共有しているデジタルエコシステムは、豊かなデジタルの未来づくりに不可欠である。

デジタル時代におけるビジネスの本質は、ゼロサムゲームで競争するのではなく、「ケーキをより大きく」してウィンウィンの結果を達成することである。このため、ファーウェイは3つの側面から「デジタルエコシステム・キューブ」をつくるよう提案している。第1の側面は、デジタル化の未来に狙いを付け、様々な業界のおびただしい数のセグメント化シナリオから満たされていないニーズを見極めることで、これは「より大きなケーキ」の前提となる。第2の側面は、多様なパートナーの様々な機能を集約し、その強みを十分に発揮させることで、これは「より大きなケーキを焼く」基礎となる。第3の側面は、コラボレーションとビジネスモデル用に複数のアプローチを開発し、価値の創造と共有を共に意識する努力をすることである。これが、市場規模の拡大を継続的に推進する永続的な力になる。

深セン空港を例に取ってみよう。ファーウェイは、業界をリードするソリューションパートナーと協力、エンドデバイス、データ管理、業界アプリケーションを統合する5つの技術領域間の相乗効果をベースに、フライトスケジューリング、駐機位置の割り当て、地上サポートといった多様かつセグメント化されたシナリオベース・ソリューションを開発した。2019年には、シャトルバスを利用する乗客数を約260万人減らし、セキュリティーチェックの効率を60%向上させた。これは、より効率が高く、旅行者にカスタマイズされた優れた体験を提供できるより安全な空港の実現につながった。

ファーウェイは現在、100のシナリオベース・ソリューションを構築し、パートナーに関連するより多くの業界価値を生み出している。

Peng氏は「古い地図で新しい土地を見つけることはできない」と指摘、クライアントに変化の受け入れと、より大きな未来のための産業デジタル・トランスフォーメーションの新たなパラダイムづくりを呼び掛けた。

HUAWEI CONNECT 2020では、世界をリードするICT企業もデジタル・トランスフォーメーションで大きな成果を上げたクライアントを招待、彼らの経験を披露してもらった。

深セン空港グループのChen Jinzuゼネラルマネジャーは、深セン空港はデジタル・トランスフォーメーションのパイオニアで、深センの知恵と経験を活かしたスマートな民間空港の建設に貢献していると語った。

深セン地下鉄グループのTang Shaojieゼネラルマネジャーは、公共交通機関のバックボーンである深セン地下鉄は、駅と都市の一体化、深セン及び地域全体の複数の交通手段の高度な融合、さらにスマートシティ構想に基づく「大湾区オン・ザ・トラック」の共同建設を推進していくと語った。

ファーウェイは、過去数年間のビジネスの成長と成功の共有を推進する取り組みに対する感謝の印として、グローバルパートナーに2020年優秀パートナー賞を贈呈した。賞の内訳は、優秀グローバル・チャンネル・パートナー、優秀グローバル戦略パートナー、優秀グローバル・ディストリビューター、優秀グローバル産業ソリューションパートナー、優秀グローバル人材エコシステム・パートナー、優秀HUAWEI CLOUDチャンネル・パートナーである。一方、ファーウェイは産業エコシステム宣言を発表した。これは、将来、共に成功するために共にイノベーションと成長をしていくとの宣言である。

HUAWEI CONNECT 2020は、グローバルなICT産業向けにファーウェイが年に1度、主催している最重要イベントで、2020年9月23日から26日まで上海で開催されている。HUAWEI CONNECTは、当社の顧客とパートナーがこうした変化を乗り越え、経験を分かち合い、協力して新たな価値を生み出していけるよう企図されたオープンプラットフォームである。今年のイベントでは、業界のデジタル化のトレンドとチャンスを探る予定で、高度なICT技術、商品、ソリューションの紹介、共同イノベーションの成果の舞台裏の紹介、デジタル・トランスフォーメーションの成功事例の紹介などが企画されている。当社の最終的な目標は、全利害関係者の利益になり、全産業に新たな価値を生み出すオープンで健全な産業エコシステムを構築することである。詳細は次を参照:https://www.huawei.com/en/events/huaweiconnect2020/

ソース:Huawei

画像リンク:
Link:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=372275
写真説明:HUAWEI CONNECT 2020で「価値向上のためのパラダイムシフト」をテーマに基調講演するファーウェイ・エンタープライズBGのPeng Zhongyang取締役兼プレジデント