【9月21日 CGTN Japanese】国勢調査に当たる第7回「全国人口普査」が11月1日から始まります。それに先立ち、動員イベントが20日に北京(Beijing)で開催されました。

 イベントには中国国家統計局の寧吉喆(Ning Jizhe)局長が出席し、調査の基本情報について紹介するとともに、積極的に協力することを国民に呼びかけました。

 寧局長によりますと、今回の情報登録は、すべてデジタル化方式を採用していることから、国民はスマートフォンやパソコンなどを利用して自らの情報を記入することを推奨しています。また、調査では、クラウド技術やクラウドサービス、クラウドアプリケーションを生かし、全てのプロセスで個人情報の保護を強化することになっています。

「全国人口普査」は11月1日から700万人以上の調査員が家を訪問するなどして、全国範囲で調査を始める予定です。(c)CGTN Japanese/AFPBB News