【9月22日 Xinhua News】中国上海税関は18日、同市の8月の貿易額が輸出入ともに増加し、1~8月の累計で前年同期比プラス成長を実現したと発表した。

 8月の貿易額は前年同月比5・9%増、前月比4・4%増の3125億1千万元(1元=約15円)。輸出は1218億7千万元と前年同期比で7月の0・3%減から5・8%増へとプラスに転じ、前月比で3%増となった。輸入は前年同期比5・9%増、前月比5・3%増の1906億4千万元だった。

 1~8月の貿易額は前年同期比0・5%増の2兆1900億元で、輸出が1・3%増の8824億2千万元、輸入は0・1%減の1兆3100億元となった。

 貿易相手別では、米国が6・4%増の3129億9千万元で全体の14・3%を占めた。東南アジア諸国連合(ASEAN)は3・0%増の3045億1千万元で13・9%、日本は3・7%増の2447億6千万元で11・2%だった。最大の貿易相手の欧州連合(EU)は2・7%減の4177億2千万元で、比率は19・0%と0・6ポイント低下した。(c)Xinhua News/AFPBB News