【9月20日 時事通信社】複数の米メディアは19日、数日前に送られたトランプ大統領宛ての郵便物から猛毒リシンが検出されたと報じた。捜査当局はカナダから送られたとみて調べを進めている。

 ホワイトハウスへの郵便物は、事前にホワイトハウス外の施設で検査を受けることになっており、そこで判明した。リシン入りの郵便物は南部テキサス州の連邦政府機関にも送られていたという。連邦捜査局(FBI)は声明で「現時点で、公共の安全に対する脅威はない」としている。

 リシンはトウゴマから抽出される毒素。2018年には、トランプ氏やマティス国防長官(当時)宛てにトウゴマの種を送った退役海軍軍人の男が起訴された。(c)時事通信社