【9月16日 Xinhua News】中国江蘇省(Jiangsu)無錫市(Wuxi)でこのほど、「無錫・日本産業チェーン連携大会」が開かれ、日本企業が出資する10件のプロジェクト契約が締結された。総投資額は4億ドル(1ドル=約106円)に上り、内容はハイエンド製造業や現代サービス業が中心となっている。

 今回の大会は「イノベーション融合・ウィンウィンの未来」をテーマに、無錫と日本の友好交流プラットフォームを構築し、地域産業チェーンの協力を強化するとともに、発展のチャンスを広げ、協力の空間を拡大することを目的としている。大会にはみずほ銀行や三菱UFJ銀行、トヨタ、ソニー、日立、三井住友など、日本企業116社230人余りが出席した。(c)Xinhua News/AFPBB News