【9月14日 Xinhua News】中国通信キャリア大手の中国移動通信集団(チャイナモバイル)甘粛支社はこのほど、省内主要都市の市街地をカバーする第5世代移動通信システム(5G)ネットワークの構築を完了したと明らかにした。主要都市以外の各県中心部でも、人口密度の高い地域であれば5Gを利用できるという。

 支社の担当者は、同社がこの1年、スマートシティーやスマート病院、自動運転など各分野で5Gの実用化を進めてきたと述べた。同期間に実施した5G関連の重点プロジェクトは55件に上るという。

 通信基地局を運営する中国鉄塔甘粛支社によると、同省には現在、5G基地局が8536基設置されている。(c)Xinhua News/AFPBB News