【9月12日 CNS】中国・北京市で9日に閉幕した2020年中国国際サービス貿易交易会(CIFTIS)のサービスロボット展示エリアで、多芸多才な「ロボット犬」が登場した。この「ロボット犬」は、踊ったり、階段に登ったり、空中回転したりなどこなれた動きをしていた。

 この敏しょうな動きをする「ロボット犬」は四足歩行ロボットで、警備、物流業務の作業や測量調査業務など幅広く応用できる、という。(c)CNS/JCM/AFPBB News