【9月7日 AFP】インドネシアのスマトラ(Sumatra)島に7日朝、ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)難民300人近くが漂着した。現地当局が明らかにした。一度に漂着した人数としては、インドネシアでは少なくとも2015年以来の規模となる。

 ロヒンギャ難民が漂着したのはスマトラ島北部ロクスマウェ(Lhokseumawe)近郊の村で、村長によるとロヒンギャらの乗った船1艘が海岸に近づいてくるのを地元住民が発見し、上陸を手助けした。

 この地域を管轄するインドネシア軍司令官によれば、船には男性102人、女性181人、子ども14人が乗っていた。少なくとも1人が体調を崩しており、地元の病院に搬送されたという。今後、上陸したロヒンギャ全員に新型コロナウイルス検査を実施するとしている。

 スマトラ島北部には6月にも、女性と子どもを中心とする約100人のロヒンギャの一団が漂着している。この一団は、バングラデシュのロヒンギャ難民キャンプ近くから出航し、4か月にわたって危険な航海を続けていたと説明。その間、人身売買業者から暴力を受け、自分の尿を飲まざるを得なかったと話していた。(c)AFP