【9月3日 AFP】英国のヘンリー王子(Prince Harry)と妻メーガン妃(Meghan, Duchess of Sussex)は2日、動画配信大手ネットフリックス(Netflix)と「インパクトのある」映画や番組を製作する契約を結んだことを明らかにした。

【関連記事】ヘンリー英王子夫妻、米LA移住後初の公式の場 ボランティアで食事配達

 今年英王室を離脱し、米カリフォルニア州に移住した王子夫妻は、すでに多数のプロジェクトを立ち上げている。ネットフリックスとの契約により、米ハリウッド(Hollywood)での新たなキャリアを公式に歩み出した形だが、元女優のメーガン妃が俳優業に復帰する予定はない。

 王子夫妻はAFPに対し、「私たちは情報だけではなく、希望も与えるコンテンツの製作に注力していく」と説明。「新米の親として、インスピレーションを与える家族向け番組の製作や、誠実で共感を呼ぶ視点を通した力強い物語も、私たちにとって重要だ」と述べた。

 夫妻はまず、自然をテーマにしたドキュメンタリーや、インスピレーションを与える女性たちに焦点を当てたアニメシリーズ作品を手掛ける予定。夫妻は「行動を促すインパクトのあるコンテンツを共有」したいとしている。

 契約金額は明らかにされていないが、契約は複数年にわたり、ネットフリックスの独占だと伝えられている。

 ヘンリー王子夫妻は米ロサンゼルスに居住していたものの、長男アーチー(Archie)ちゃんの写真をめぐりパパラッチとの法廷闘争が勃発。夫妻はその後、高級住宅地として知られるサンタバーバラ(Santa Barbara)の新居に引っ越した。

 サンタバーバラには、オプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)さんやエレン・デジェネレス(Ellen Degeneres)さんといったエンターテインメント界の大物も住んでいる。(c)AFP