エンジンやトランスミッションを整備した44号車。ミシュランのリプレイス用タイヤを履いてますます元気です!

エンジンが静かになり、タイヤも新品になったので走行感覚が上品になった。大晦日には4人分のキャディバッグを積んでゴルフに。VWゴルフGTIに乗る筆者の弟は「これが20年選手? さすがベンツ」と驚いた。

「メルセデス哲学をもった最後のメルセデス」などと形容され1984年にデビューした中型メルセデス124型は、消耗部品をちゃんと交換していけば、新車同然の状態で長く使えると言われていた。それを確かめるべく、2008年、ENGINE編集部は長期テスト車として、92年型の300TEを購入。購入時の走行距離は3万4000㎞、価格は168万円。それから12年後、2019年の走行距離30万キロを突破をきっかけに、過去12年間の雑誌「ENGINE」連載をWEBで公開しています。毎週水曜日12時更新。

タイヤを換えました。足元も軽やかに若がえり!

今月の走行距離は1500㎞。ずっと3000㎞超/月で走り込んできた44号車にとっては非常に短い距離だ。12月に車検とそれにともなう整備で東京・芝浦のヤナセに10日間ほど寝ていたからだ。もっとも手のかかった作業はエンジンのヘッド・ガスケット交換。作業終了の知らせを受けてボンネットを開けると、いやあ、素晴らしい! オイル染みだらけだったエンジンが見事に綺麗になっている。ちょっとおカネがかかったけど(約15万円)、やって良かった。

もともと走りには変調がなかったけれど、エンジンはより静かになった。トランスミッションのオイル漏れも完治したせいか、走行は極めてスムーズで「これなら、少なくとも倍(もう14万㎞)はいける!」と、膝を叩いた。 

ヘッド・ガスケットを交換し、見違えるほど綺麗になった3リッター直6エンジン。W124を愛車とするヤナセ・メカニックの丁寧な仕事。

快調な理由はもうひとつある。タイヤが新品になったのだ。今回選んだのはミシュランのエナジー・セイバー。文字通りの低燃費タイヤだ。まず、1500㎞走行における燃費だが8.3㎞/ℓである。これまでの44号車の総平均は7.5㎞/ℓで、2010年12月の平均燃費をノートでチェックしたら7.9㎞/ℓだった。交通環境が同じでないとはいえ、燃費が良くなっているのは嬉しい。

転がり抵抗を抑え低燃費性能を向上、またロングライフ設計により高い経済性を実現したミシュランのエナジー・セイバー195/65R15。

足元が軽くなった印象があるのもいい。コーナーに敷設されている速度制限用バンプをドタドタドタ……というよりは、トトトト……という感じで越えていく。ステアリング操作に対する反応は穏やかだ。グリップ力でグイグイ曲がっていくタイプではないけれど、コーナリングで丁寧な荷重移動を心掛けることは、結果としてちょっと古いベンツを大事にすることになると担当者は思う。乗り心地はしなやかで静粛性も高いから、長距離運転にも向いているかもしれない。すっかり元気になった44号車で遠くへ行きたい! メルセデス・ベンツ日本の10万㎞表彰申請中です!

文=荒井寿彦(ENGINE編集部) 写真=柏田芳敬

44号車/メルセデス・ベンツ300TE
MERCEDES-BENZ300TE
購入価格:168万円
導入時期:2008年9月
走行距離 3万4570km+13万9935km

(ENGINE2012年3月号)